何百年も持つ家

丼物は美味しい。カツ丼、天井、鰻丼、鉄火丼、いくら丼、いずれも食べたいと思う丼物である。でも、どんなに美味しい米や、新鮮な食材であっても、これを調理する技術がなければ、美味しいものはできない。まして、代金をいただくとなれば、もしもまずければ、完全に信頼関係は損なわれ、トラブルにも発展する。食材に恵まれなかった時代には、調理する人の技術や、心のこもった調理で、粗末な食材でも美味しく、また量的にも満足してもらえるようにする心遣いがあったのだと思う。古い民家を解体すると、桧や杉のほかに、何種類もの木が使われていたことがわかる。この時代の職人は、それぞれの木が持つ性質や癖を理解して、適材適所に配置して、何百年も持つ家を造ってきた。今日のように流通に恵まれていなかったから、近くの山で育ったものを使い、この材料を上手に活かしてきた。木を知り尽くした職人の知恵と、これを活かす匠の技が存在した時代には、丼勘定でもなんら問題はない。今日のように流通が活発になって、国内はもとより外国からもたくさんの建築材料が輸入されるようになると、電話一本で用途に合った建材が手に入るようになり、木の性質や癖を知る必要がなくなった。これまで職人が行なっていた刻み作業も、工場でのプレカットに変わり、現場での建て方を学ぶことが職人のスタートになった。更に、内部造作材もあらゆるものが新建材として、生産・販売されているので手の込んだ加工の必要もなく、取り付けるだけの作業が中心となり、職人は、電動鋸、金槌、電動ドリルなどを使えば、家が建ってしまう。リフォームなど大きな出費をしなくても、有効な地震対策も有ります。←こちらのサイトから安心できる物件を探してください。

EZ160_L

Comments are closed.